• ホーム
  • ニキビ治療中はブレボキシル洗顔がおすすめ!

ニキビ治療中はブレボキシル洗顔がおすすめ!

ブレボキシル洗顔は、有効成分過酸化ベンゾイルを配合しており、ニキビ治療に最適な洗顔料です。赤ニキビに対しては過酸化ベンゾイルは殺菌作用を発揮し、硬くなりやすい角質を柔らかくするので、毛穴のつまりを予防する作用もあります。抗生物質にはならないので耐性菌発生も促進させることがなく、安心して使い続けることができます。長期間抗生物質を使い続けると、耐性菌ができてしまうこともあり、いざという時に薬の効き目がなくなります。過酸化ベンゾイルは外用薬の洗顔料で、ニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖するのを防ぐ、抗菌作用を持っています。

角質を柔らかくし剥離させるので、毛穴にある頑固な角栓も綺麗に取り除く効果が期待できます。ブレボキシル洗顔は外用薬ですが、洗顔料なので塗らないタイプで、低刺激なので敏感肌の人にも安心して使えます。予防や治療目的で、日常的に使うことができますし、嫌気性の性質を持っているのが原因になるアクネ菌です。過酸化ベンゾイルがアクネ菌を増殖させず、酸化させることができるので、ニキビの治療に向いています。稀にこの成分で腫れやかゆみを生じることもあるので、初めは少しの量から試すようにします。

ブレボキシル洗顔は基本的には低刺激の成分なので、デリケートで敏感肌の人に対してもデイリーケアとして使うことができます。普段から予防対策としてブレボキシル洗顔を使うことにより、ニキビのない肌を維持することが可能です。治療として取り入れることもできるので、できてしまったニキビを清潔な状態で保ち改善していきます。日常で使えば皮膚の細孔へ成分が入りやすくなり、酸化の働きによってバクテリアの代謝も阻止することができます。使うときは手を洗い必ず清潔にして、顔をぬるま湯で濡らすことで予備洗いをしてから使用します。

1日1回から朝晩2回まで用いることができ、肌を優しく洗っていき、患部を清潔に保つことで軽度のニキビは良い状態になります。配合成分のサリチル酸は抗炎症作用があり、過酸化ベンゾイルは弱い殺菌効果を持っていることが大きな特徴です。治療や予防に対して有効な洗顔料ですが、水を加えながら泡立てる通常の洗顔料ではなく、スクラブタイプになっています。スクラブの粒はそこまで大きくはなく、肌へ乗せても柔らかく強い刺激がないのでニキビ肌へ効果的です。デイリーにニキビケアとして使うことが可能で、洗い上がりの肌もつっぱらず適度に潤いを保ちます。