• ホーム
  • 肌の触りすぎは思春期ニキビの原因!

肌の触りすぎは思春期ニキビの原因!

微笑む女性

ニキビは毛穴の皮脂が詰まってアクネ菌が増殖した状態で、毛穴の中で炎症を起こす疾患の一つです。10?18歳くらいの思春期と言われる世代の時にできるニキビは、思春期ニキビとも呼ばれホルモンバランスの変化が原因になっています。思春期になれば男子はもちろんですが、女子も男性ホルモンの比率が高くなってしまいます。分泌される皮脂も増加し始めるため、毛穴に皮脂がたまりやすくなりニキビができやすい肌環境になります。思春期はホルモンの関係で男女ともにニキビができやすく、青春ニキビと呼ばれています。

そのほかにも人により原因がありますが、もともと体質や肌質がニキビのできやすいものだったということもあります。汗をたくさんかく春から夏にかけての季節や、ストレスを抱える時期などもニキビができやすくなるので注意が必要です。精神的にストレスを感じやすい人や、不規則な食生活、睡眠不足や元々の体質で皮脂分泌が多い人などいますが、思春期には多くの人がニキビができやすい状態です。ニキビを引き起こしているアクネ菌は普段も肌に潜んでいますが、通常であれば悪いことはしません。しかし空気がない状態になると増加する性質があるので、毛穴に皮脂が詰まり密閉されている状態になれば好条件です。

アクネ菌が毛穴の中で次々と繁殖し、炎症のもととなる成分を作り最終的にニキビができます。青春ニキビの初期は毛穴が詰まった状態で白ニキビと呼ばれることもあり、皮脂が固まり詰まった状態で白い膿のような盛り上がりがあります。ニキビができていない健康な毛穴は、皮脂から分泌される皮脂が毛穴からスムーズに排出されます。炎症が中期になってくると、赤く炎症したところが腫れてきて痛みもあります。黒くなるときは毛穴が開き、皮脂が酸化するため黒ずんだ状態を呼んでいます。

思春期ニキビの末期は膿が溜まった状態で、赤がさらに悪化し炎症が激しくなるため黄色い膿が見え始めます。ニキビは基本的にそのまま放置しておくと、さらに進行する可能性もありますし小さなものでも、治りにくくなる時があります。さらに跡が残ることもありクレーターになると、治すことが難しく美容外科へ通う必要がでてきますし費用もかかります。少しでも小さなものができたら肌を触らないようにし、悪化を防ぐことが第一です。そこから炎症を起こし始めたらできるだけ早く、皮膚科で治療を受けることで早期に治すことができます。